稀代の天才岩波英知の奇跡 マインドアートフレンズ関西から見た効果と評判

カリスマ、鬼才、不世出の天才岩波英知先生のプログラムやその人となりについてのブログ。岩波英知先生のおかげで神経症を克服できたメンバーで編集しています。岩波英知先生のセミナーやセラピーの効果や評判についても体験談から掲載していきます。

神経症で生きづらさを味わい、生き地獄にまで悪化させてしまっている人へ

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

 

taikendan.hatenadiary.jp

 

まずは言いたいこと!!

今まで心を変えるための方策(心理療法や精神科・心療内科の病院、そして心理カウンセラーや心理セラピストのプロ)で、ものすごい! これしかない! すばらしい!と思ったことはありますか? 


私の経験で勝手にいわせてもらうと、ないと思います。

私たちの神経症とは、手が届かないところで発症しています。

深海1万メートル(無意識)で起きていることを、私たちはプロの力を借りてもせいぜい千メートルぐらいまでしか、到達できません。

ありきたりの治療法で、本当や無意識にメスが切れ込まれたという実感を得られたことがありますか?

 

神経症はマイナスの実感の連続です。とにかく心が傷つき、もろくなり、神経がむき出しになるほどの痛みと不安と恐怖に苛まれます。

苦しみ、恐怖、不安、不信、孤独、解離、心の傷、すべてがとんでもない悪実感ばかり。

だから、実感には強烈な実感で治していく以外ありません。

 

なぜ自分の神経症が治らないんだろう? 

いつまでこの苦しみが続くんだろう・・・・

どうにか脱却したい!

自由な空気を吸って、のびのびと暮らしたい!

夢に向かってチャレンジしたい!

 

私たちは神経症で苦しんでいる最中、たくさんのことを考え抜いて生きてきました。

でも、すべてが幻にすぎない夢物語でした。

何故かと言うと、結局神経症の問題の本質にメスが入らなかったから。

見当違いな対策しかできなかったから(それは『プロ』が悪いのではなくて、神経症があまりに手ごわすぎたからです。誰も悪いわけじゃありません!)

 

いろんな心理療法、医者や心理セラピスト、カウンセラーにその実力がなかったから、とも言えますが、ただ一人だけ、別格な存在がいます。

無意識、この底知れない無限のマイナスの感情が渦巻く心の奥底に強烈な日差しを浴びせられる人です。

別次元の才能と器量を持つ、驚異的な技術を生み出した人がいます。

だから、何をやってもダメだった人は、希望を失うことはありません!

 

私たちがそれまで受けてきた治療法は、迫力もパワーもスピードも衝撃、つまり実感が

なんにもなかったから、その別次元ぶりには度肝を抜かれるでしょう。

稀代の天才岩波英知先生のプログラムを受けて、私たちは神経症の克服に至りました

神経症、あがり症、心の悩みを短期で集中して徹底的に、超強力に解決できたものはこれしかなかった。

この言葉に嘘偽りはありません

劇的に効果がありました。

 

もし神経症克服ができず、もがいている人がいれば、相談するといいです。

どうやって神経症が改善できるのかわからない人がいれば、最初から能力が高い人に相談した方がいいです。

貴重な残りの人生の時間、そこをずっとずっと悩みに耐え続けたいですか?

なにかないか? あれはどうだ? これはどうだ? やっぱりダメだった……

そんな回り道はもうたくさんです!

 

悩みのフィルターを通して見ていた世界観が、180°変わるというのが、結論です

心の底に圧倒的に、悩み克服の訴えかけ、悩みの分子構造を破壊するほどのパワーがないと、長年熟成されてきた神経症には効果がありません。

長く積み重なってきた、悩みの悪循環は破壊するなんて夢のまた夢

 

「何をやっても駄目だッ! もういい、でもいやだ、何とかしたい、でも方法がない」
なんてことは、もうこれからなくなります!

上り調子の人生は、これからですッ!! もう失うものはないのだから、上がるだけです!

耐えに耐えてそれでも見返りなんかやってこない、そんな無駄な苦労に終止符をうてます。

どんだけ我慢し続けたって、もらえるのは抑圧と悲劇だけです。

このブログが皆様の神経症克服ライフに大きな力を与えられることを願っています

(武田)