稀代の天才岩波英知の奇跡 マインドアートフレンズ関西から見た効果と評判

カリスマ、鬼才、不世出の天才岩波英知先生のプログラムやその人となりについてのブログ。岩波英知先生のおかげで神経症を克服できたメンバーで編集しています。岩波英知先生のセミナーやセラピーの効果や評判についても体験談から掲載していきます。

どんなセラピーでも治療法でも神経症が全く良くならない、効果を感じられない人へ

今まで通った薬物療法心理療法では、決して味わうことが出来ない劇的な実感が、そこではありました。
それまで挑戦したところで結果を出してもらいましたか?
その療法に、強烈な実感が伴いましたか? すごいと思いましたか?

最初は、心理カウンセリングに通ったり、精神科や心療内科でお医者さんに診てもらった(薬物療法)と思います。
だけど、医者との相性が悪い、診療時間が短い、話を聞いてもらえない、どこか違う不満があったり、精神安定剤抗うつ薬の副作用での苦しみを味わって、僕たちはいつまでたっても良くなりませんでした。

休職・休学して心身を休ませようとしても、今度は将来の先行きへの不安にさいなまれる日々の始まりです。
何をしても、暗い未来しか待っていませんでした。

心療内科、精神科では、いつまで経ってもラチがあかないと気づく人も多いと思います。
薬を一生のみ続けることへの体の負担、離脱症状のやばさ、薬への罪悪感、このままでいいのかという葛藤、治療そのものが苦しみの要因に変わります。
それに、向精神薬はご存知のように、どんどん効果が出なくなる性質があります。
今抑えられていても、明日はそうなる保証は少しもありません。
廃人のリスクも高まって、薬を減らそうとしても、身体がそれを許しません。

どれだけ多くの人が、薬物療法で長期的にコンディションが悪化してことでしょうか。
僕達もその経験を味わってきています。
薬はすばらしい存在ですが、依存をしてまで使うには、やばい存在です。

他力本願の治療法、薬頼みの治療法に疑念を抱き、今度は自分で治す方法はないかと探すようになります。
自己啓発神経症関係の本を読んで、知識を身につけて何とかしようとしても、結果は変わらないものです。
神経症はそのレベルでは治りません。
貴重な時間を失いだけになります。

他に手段はないか? と探すと……
催眠療法ヒプノセラピー森田療法、前世療法(スピリチュアル・カウンセリング)、内観療法箱庭療法、電気ショック(痙攣)療法、認知行動療法とたくさんあります。
各々どれも神経症が治るための理論武装はしてありました。
僕達はみんなあらゆる治療法を経験しています。

でも理論倒れで、少なくとも僕らは全くといっていいほど効果が得られませんでした。
もっともらしい理由を並べても、心の奥底に届かなければ意味は全くなかったです。
この中に無意識と本能にメスを入れられるほど、すごい方法はありませんでした。

薬のように対症療法にすぎないところもあれば、催眠に全くかからないとか、森田療法に数ヶ月入院しても復帰したらすぐ症状がぶり返したとか……
失望と失敗の連続を繰り返してきた人も多いんじゃないかなと思います。
失望を重ねると、次への治すための行動が錆びついていきますし、時間を大きく失います。
今度ダメだったらどうしよう…… 次もダメかもしれない、私はもしかしたら一生治らないままなのかもしれない。
こんな不安にみんな苦しんできました。

無意識や本能が病むから、神経症といいます。
自分の意識でコントロール出来ないから、神経症といいます。
つまり、神経症は対症療法や一時しのぎの治療法では、根本から治ることはないということです。

実際に無意識、本能の心理的な病源を抹消させる方法と出会うまで、そんな方法はないとみんな思っていました。
でも、世の中に奇跡というものがあるとしたら、夢の様な技術が、神経症だった僕らにとってそうだったのです。

 

 

taikendan.hatenadiary.jp