稀代の天才岩波英知の奇跡 マインドアートフレンズ関西から見た効果と評判

カリスマ、鬼才、不世出の天才岩波英知先生のプログラムやその人となりについてのブログ。岩波英知先生のおかげで神経症を克服できたメンバーで編集しています。岩波英知先生のセミナーやセラピーの効果や評判についても体験談から掲載していきます。

自分の神経症は良くなるのだろうかと不安でいっぱいの方に

潜在意識の問題を顕在化させ、暗示の力によって神経症を治療する催眠療法ヒプノセラピー
「あるがまま」の禅の思想を取り入れた、入院も必要な森田療法
話を聞いてもらったり、客観的な視点からカウンセラーが助言する心理カウンセリング。
向精神薬での薬物療法を行う精神科、心療内科
他にも自律訓練法、瞑想法、内観療法自己啓発セミナーとたくさん自分の現状を打破する方法があります。

しかし、僕らはそれらを経ても、ダメでした。
どれも根本的解決には程遠く、神経症という重い心の悩みには通用しない(適用範囲内と書いてあっても神経症治療には荷が重すぎる)ものでした。

だから、どんなに克服のために努力しても、自分の神経症は治りっこないところまで来てしまっているという現実に打ちのめされて、ぎりぎりまで追いつめられてしまいました。
奇跡が起きないかぎり、神経症が消失するなんてありえない、これがかつての思いこみでした。
思いこみと言っても、それが厳しい現実でもありました

神経症のまま生きる、これは実質的な拷問です。
死よりも苦しい、生き地獄とはこのことです。
神経症が起こる場面を避ければいいじゃないかと思われるかもしれないけれど、神経症は僕達の無意識で発症しています。
だから、僕らが生きている限り、どこに逃げても避け続けていても、無意識の病源が常に苦しめるようになります。

うつ病がそのいい例で、べつに会社にいなくても、起きている間、死ぬよりも苦しい不安と恐怖だけに責め抜かれるのです。
社会不安障害パニック障害も、極度な苦手な場面に直面していなくても、これから先に起こるかもしれないというそのことだけで、予期不安が僕らを苦しめました。
神経症でいる限り、いつか地獄絵図を見るかもしれない予期不安にずっと毎日苦しめられます。
結局、落ち込みや苛々感から逃れられない…

治りたいけれど、現実はそううまくいかなかった…もうこのまま生きていくしかない、諦めよう、なるべくつらさを抑えながら、だましだまし生きていこう…そんな寂しい達観を持ち始めていた時でした。
すごい能力とカリスマ性を持つ先生と出会って、そんな諦めは、自分の勝手な思いこみだったことに気づいたものです。

だけど、口だけで言っても、神経症の問題が解決しないと思い込んでいる人には気休めにしかなりません。
「すごい! これならいける!」という実感があってはじめて、自分でも良くなれるんだ!と希望が湧くものだから。
だから、今言えることは、自分だけ神経症が治らなかったらどうしよう…という考えは持たないで下さいということです。
まだまだ希望はあるし、人生は捨てたものじゃありません!

たくさんの心理療法を受け続けた「悩みのプロ」にこそお勧めします。
その固定観念がすっかり変わりますから。
超強烈な実感(無意識、抑圧、本能レベル)を体感すれば、どんな人でも。

心理療法をやってこなくて、最初から岩波英知先生を知ることができれば、なおさらラッキーです!
悩んでから日が浅いうちなら、さらに幸運です
神経症が解消していくと同時に、強くなることができるし、パワーアップできますから。
夢の様な技術で、あなたの悪夢は終わると思います。
(本気でプログラムに取り組む人じゃないと予約が取れないので注意。また予約多く取れない可能性もあることにも留意)

ともあれ、いくら「いいよ!」「すごいよ!」「やばかったよ!」と薦めても、絶対不安だし半信半疑だと思います。
不安なのは、今まで結果が出てこなかったから当然です。
神経症はすごく厄介な症状で、表面的に解決しようとしても、無意識の奥底まで解決できていないから、結局同じ場所をグルグル回ることになります。
考えている以上に、神経症はやばい解決不可能に近い症状だと思っていいかもしれません。

だけど、今からは希望を持っていいです。
解決できないまま、行き場のない地獄となっていく神経症ライフの未来に 希望の光が降り注いでくれましたから。
今僕は、明るい日差しが差し込む世界にたどり着くことができました。

神経症は無意識の原因を解決さえすれば、呪縛が解きほぐされていきます。
あんなにどんなにやっても無意味だった症状が良くなっていきます!

 

 

taikendan.hatenadiary.jp